【財布のピンチ解決】ネットキャッシングの利便性を活かそう

住宅ローンとその変更

お金

変更する際の利点

一戸建て住宅やマンションを購入する際に、住宅ローンを組んでお金を借り入れ購入することが一般的になっている。これらの住宅ローンで、固定金利型の商品としてあるのがフラット35である。フラット35は固定金利であるため、借入時の金利で返済期間中返済を続けることができる。その為、返済計画が立てやすいという魅力がある。住宅購入で住宅ローンを組んだ場合、状況により借り換えを行いたい場合もある。例えば、変動金利型のローンで借り入れたが、金利上昇を見越して固定金利型に借り換えしたいといった場合である。これらのケースにおいても、フラット35を利用することには魅力がある。フラット35では、借入時の保証金が0円となっている。通常、住宅ローンを借り換えする場合には保証金が発生してしまう。しかし、フラット35であればこれらのお金が発生しないため、費用負担なく借り換えを行うことができる。フラット35では、住宅ローンとなるため住宅購入及びその借り換え以外の目的では使用できないということがある。その為、リフォームなどを行う費用での借り入れなどはできないという制限がある。フラット35で借り換えを行った場合には、借り換えを行った時点での金利で確定される。その金利で返済を続けることになるため、借入時の金利が重要な要素になる。借り換えを行う場合には、利率を確認し推移なども見ながら検討すると良い。より低い水準で借り換えできれば、返済全体の額を抑えることができる。

Copyright© 2018 【財布のピンチ解決】ネットキャッシングの利便性を活かそう All Rights Reserved.